美容師という仕事の「価値」ってなんだろう?

美容室の無料経営相談&お問い合わせ

ワンダフルライフが送る「目指せハッピーライフ・ハッピーリタイヤ!」美容室オーナー応援ブログ BLOG & NEWS

2018.12.14

美容師という仕事の「価値」ってなんだろう?

美容業界の常識は我社の非常識をテーマか合い言葉の株式会社ワンダフルライフてす!

久しぶりに投稿させていただきました。

あなたは気付いていますか?

美容師という仕事の価値。

 

最近、ITやAI(人工知能)など、先進テクノロジーの発達が進んでいます。

その結果、あと数年後には、いま世の中に当たり前にある仕事のいくつかは無くなってしまう…

そんなことが言われています。

 

これらのテクノロジーで実現できるのは「効率化」

効率化できる仕事は、どんどん効率化されていきます。

そのレベルはやがて「無人化」に達し、近い将来、人の手がかからなくなるオートメーションでできる仕事が増えていくのです。

 

便利になるのはよいですが、その効率化の代償として、今までその仕事をしてきた人がいらなくなってしまうという事態が起こってきます。

 

例えば、自動車の組み立て作業や、スーパーなどのレジ打ち。

さらに、難関資格と言われる税理士・公認会計士などの仕事も。。。

これらのテクノロジーに取って変わられるかもしれないと言われているのです。

 

しかし、そんな世の中になったとしても

美容師は残っていく仕事です。

 

どんなにITやAIが発達したとしても、人の手だからこそできる美容師の複雑な施術技術は、他にとって変わられることはまず無いでしょう。

逆に、ますます代用の効かない素晴らしい技術として、その価値を高めていくはずです。

自動車が自動運転できるようになっても、

なりたいヘアスタイルの自動カット&カラーなんていうのはできそうにありませんよね?

 

▇ 美容師の仕事は『究極の産地直送』

そして、「やりがい」という面から見たときも、美容師はとても価値ある仕事です。

美容師の仕事というのは、例えるなら『究極の産地直送サービス』なんです。

詳しく説明しますと・・・

例えば、美味しいトマトを作っている農家さんは、その美味しいトマトを出荷した後で、お客様から直接その美味しさの喜びは聞けませんよね?

どんなにすごい車作っても、その製造者はお客様の声は聞けません。

どんな一流シェフも、厨房に入って料理を作っている限り、お客様の感動はわかりません。

 

美容師は、自分でお客様それぞれに合わせたサービス(ヘアスタイル)をつくり、そのサービスを直接提供し、直接お客様の喜びや感謝を全部ライブで見て、聞けて、感じ取れます。

 

だから「究極の産地直送」の仕事。

美容師ほど、ライブでお客様の喜びにかかわれる仕事はそうそう無いのです。

これは他の職業には無い、実はすごい仕事の価値です。

ココに気付けるとやりがいが生まれ、仕事はもっと楽しくなります。

また、そうした中で、美容師は日々お客様とかかわることで人間性が磨かれます。

日々お客様に磨かれることで、魅力的な人になれることも大きな価値です。

 

ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨かれないように、

人は人でしか磨かれません。

 

人として魅力的になるには、美容師はとても良い仕事なのです。

そしてそれは、少しでも美容師を経験したことがある人であれば感じているはずです。

お客様のいろいろな価値観で磨かれて、人として成長できる。魅力的になれる。

経験を積んだ美容師さんが、総じて魅力的な人が多いのはそのためです。

逆に、美容師で成功し続けたいのであれば、この人の部分を磨いていかなければなりません。

技術だけ身に付けてもお客様は増えていかないのです。

 

素敵な美容師人生を歩むためにも、「感謝・素直・想いやり」を常に大事にしていただき、人間力を高めていきましょう!

 

 

LIST

FREE TRIAL CONSULT / CONTACT 無料経営相談/お問い合わせ